<< 芸術の秋!? in伊豆高原(後編) | main | 府森の紅葉 >>

ケロリン

やまさん&槙サク父さんへ

小さい頃。田舎の実家には越中富山の薬売りの人が来ていました。
小さな引き出しがある薬箱に減った分だけ補充。
子供ながらに楽しみにしていたのは紙風をもらえたから。
時々は他のおもちゃも。兄妹で取り合いになることもしばしば(笑)
上京後もずっと我が家の常備です。

 
とっても美味しくない粉薬です(笑)
実物はこんなです。痛みによく効きます。

at 16:56, リティの小ボス, 日常のできごと

comments(8), -, pookmark

comment
慎サク, 2013/11/06 6:15 PM

あぁ〜 見たことあるかも!
紙風船も覚えがあるような・・・。
バファリンと同じようなものね。

ruri, 2013/11/07 7:29 AM

おおーっ!風呂桶のっ!(笑)

やまさん, 2013/11/07 11:19 PM

はじめて見ました。痛み止めだったんだ。

リティの小ボス, 2013/11/08 5:21 PM

☆槙サク父さん☆
紙風船。兄妹で取り合いでしたぁ。
田舎では今でも来るらしいです。
苦いんですよねぇ・・・

リティの小ボス, 2013/11/08 5:23 PM

☆ruriさん☆
そこかい!(爆)
薬としての知名度はイマイチなのね。
40数年愛用してるんだけど。

リティの小ボス, 2013/11/08 5:24 PM

☆やまさん☆
けっこう身体に優しく効きますよ。
風呂桶のほうが知名度がある薬ってどうなのかしら?

キングママ, 2013/11/17 9:34 AM

見たことあるある〜
紙風船も四角いのもあったよ〜

リティの小ボス, 2013/11/17 8:17 PM

☆キングママさん☆
どちらかと言えば四角い紙風船が多かった気がします。
強く叩くと割るので慎重に遊んでました。懐かしい・・・