<< 虹の橋 | main |

赤ちゃんの肉球

生前、リティと仲良くして下さった、お友達。

ありがとうございました。

 

リティは本当に、二人にとって大事な存在でした。

 

みんなからは良く、”赤ちゃんの肉球だね” と言われていました。

路面が熱いと言っては抱っこし、砂利道で石が尖っていると言っては抱っこし。

相当な過保護だったのだと思っています。

 

今は、小ボスを支えながら、少しづつ前を向いて歩こうとしています。

私で支えきれない時は、どうか、暖かい励ましをかけてあげて下さい。

 

本当にありがとうございました。

 

                    リティのボス

at 15:05, リティの小ボス, リティのこと

comments(2), -, pookmark

comment
慎サク父, 2018/11/29 4:22 PM

ボスが記事をアップするなんて、
優しいね!
落ち着いたら、またどこかでお会いしたいものです。

ひゅうママ, 2018/12/02 12:07 AM

ボス様、小ボス様

我が子を亡くされたお気持ちお察し致します。
泣きたい時はおもいっきり泣いて下さい。
そして、リティ君の思い出話で笑って下さい 
きっとお二人の間でニコニコとお顔を覗きこんでいると思いますよ。
これから益々寒くなりますのでお身体ご自愛下さい。
心よりお悔やみ申し上げます。